雑記

ちょっとだけお金の話

こんにちは!

前回「婚活準備に優先した3つのこと その2」を書かせて頂きましたが、私の専門の不動産関係のコトだけもう少しお金にまつわる話を書きたいと思います。

単身者の持ち家購入はとにかく慎重に!

私は結婚を見越した資産整理の一環で持っていたマンション(1DK)を売却しました(売った儲けはありませんでした^^;)

購入したのは30代の半ばの時でお付き合いしてる人もいなかったから結婚なんて何も考えていませんでした。

私は金融/不動産の関係の仕事をしてりおりますが、この選択は専門家としてダメだったと実感しました。それは「自分が結婚すると思わなかったこと」が一つの原因だったりします。

これから例をあげて皆さんに単身者の不動産購入に関する一つの考えを方を書いてみようと思いますがこれはあくまで私個人の見解です。若干専門性が入っていますが基本的には「結婚できると思ってなかったからマンションを買っていた40代の男が思うこと」です。(無意味に長くてすみません・・・)

私は「終の棲家」はおススメしません!

まずはこんな例をあげて費用を比べてみます。私がお話したお客様でもかなり多いパターンです。

~例~

2,000万円の中古マンションをローンで買う VS 家賃80,000円の賃貸に住む

※以下、数値は一般的なものを使ってます

年間費用

持ち家の場合
ローン返済額(67万円)、管理費(12万円)、修繕積立費(10万円)、固定資産税(8万円)
年間計97万円
※2,000万円を金利1%で借り入れて35年払いにした場合
※住宅ローン減税は床面積50㎡以上など適用基準があるため除きます

賃貸の場合
賃貸(96万円)、管理費(12万円)、火災保険(2万円)、更新料(4万円/1年分)
年間計114万円

約20万円の差!毎月の金額は買った方が安いと感じますね(^▽^)次は買う時のお金「諸費用」です!

初期費用

持ち家の場合
仲介手数料(60万円)、住宅ローン手数料(43万円)、登記関連費用(10万円)、火災保険(10万円)計123万円

※住宅ローン手数料は借入額の2.15%、仲介手数料は購入額の3%

賃貸の場合
敷/礼金(16万円)、仲介手数料(8万円)計24万円
※敷金礼金は一ヶ月分

初期費用だと約100万円の差が・・・そこでこの点を踏まえたポイントを3つ挙げてみます!

◆金利はムダでしかありません

今は超低金利なので借入れるにはいい時期ですが。。。

根本的なところなんですが賃貸だと金利払わないで済むんです。コレ当たり前のようですがかなり大きい意味があります。

ちなみに2,000万円を金利1%で35年払うと・・・総額では約370万円の利息を払うことになります。

金利1%というのは変動の場合の利率で、当然この先上がる可能性があります、35年を固定て組む場合だと金利は1.5%~くらいになると思います。

◆環境変わっても引っ越せません

賃貸だとその時の収入条件に合わせて家賃の安いところへ引っ越すことができますが、買ってしまうとそうはいかなくなります。

この例のパターンだと退職して収入が下がる60歳でも640万円の借入が残ります、持ち家の場合修繕積立金や固定資産税も毎年20万円くらいはかかるので老後に払う額としては大きいと思います。

おめでたい「結婚するから広いところへ!」の理由でも高い金額を払った初期費用がほぼムダになります。

◆「資産」としての価値に疑問です

「自分のものだから資産」という考えもありますが、私は「価値が変動するものが資産」だと思います、なので価値が高くなればいいのですが残念ながら住宅は減ることの方が多いです

更には「古くなって売れない・・・」「部屋の設備が壊れた・・・」「物価が上がったから修繕積立金が上がる・・・」全て賃貸では不要な悩みです。

こうなるとせっかくの資産が毎年なんらかのお金が必要になる「負債」になってしまいます・・・

もう家を持っている方はこうしましょう!

「もう持っている」「まだ住み続ける」という方は絶対に住宅ローンの見直しをした方がいいです。費用かからないので結果としてトクにならなくても一度は見てみた方がいいです。

ザックリ簡単に効果が知りたい!という方はコチラ「住宅金融支援機構のシュミレーションページ」です

コレ、「フラット35」というローンのページにあるんですが、一般的な住宅ローンでも使える分かりやすいシュミレーションの出し方だと思います、金融機関への相談は面倒なのでまずはこれで安くなるかどうか見てみるのがいいと思います。

そこで効果がでるかもというメドがついたら、その時はこちらの【住宅ローン借り換えセンター】を利用するのがおすすめです!



ネット系からメガバンクまで様々な金融機関の住宅ローン商品を扱ってます、金利が安いローンを選んだり、シュミレーションでは出せない保険とか保障の内容を比較したりするのに使うのがいいと思います。

また、今の利息から融資額が削減できなければ一切費用はもらわないというシステムも損はないと思います!

婚活と同様にいろんなサポートを使って、大事なお金を少しでもムダにしない方法を選択していってください(^▽^)/

今回は「お金の話」ばっかりでしたね・・・でも婚活とお金は切り離せないものだと思いますm(_ _)m



人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村